季節や風習

昨日(6月22日)は夏至(げし)でしたね。

夏至は一年で一番昼が長い日。
ということは、少しずつ昼が短くなっていくということですね。

季節が変わるのは早いですね。

次は7月7日に「小暑(しょうしょ)」がやってきます。
夏至に比べると、あまり聞き慣れないですが、「暑さが近付いてくる時期」を表すそうです。

この頃には、梅雨が明けが近く夏らしくなってきます。

また、暑中見舞いやお中元といった日本の風習に関わる時期です。

留学生の皆さんも、お世話になった先生などに暑中見舞いを出してみてはいかがでしょうか。

暑中見舞いは小暑から立秋までに出すものとされていますが、梅雨が明けていなければ、梅雨明け後に出した方がいいそうです。

素敵なハガキを探してみましょう(^^)

日勝学院  Nissho- gakuin

経験豊かな教師と一緒に日本語を勉強しませんか? 楽しく日本語を学びましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000